You are currently viewing GASLABOについて

GASLABOについて

GASLABOについて紹介させてください

 簡単にGASLABOについてご紹介させて頂きたいと思います。

 GASLABOとはガスラボと読んでますが「Give & Share」と「LABO」を組み合わせた造語です。与えて共有する。結果それが巡り巡って自分自身に返ってくる。そういう生き方を考えていくということを考える研究所といういう意味です。私自身が個人家としてどういう思考と判断で活動しているか示すために創りました。(センスは無いためそこはご愛嬌ということでお願いします)

 「情けは人のためならず」=GIVE&TAKEという考え方があります。私もアダム・グラントの書籍を読み非常に感銘を受けた一人です。TAKEという言葉すら取り除き、与えて共有することをとことん行うということを表しています。

参考書

活動内容

 主な活動内容は有益情報の発信です。私は仕事柄多くの中小企業の経営者や人事担当の方とお話をします。その中で感じることは、実は世の中の便利な物が全く浸透していないということです。例えば、勤怠管理をまだ紙のタイムカードで行っている、社内のコミュニケーションツールは依然としてメールであるなど既に世の中に出回っている各種クラウドやSNSをうまく活用出来ていない例も多々見てきました。

 2021年の最低賃金は政府が28円の上昇(過去最高)に向けて調整に入りました。つまりこれからは生産性が低い企業や個人は半ば強制的に市場から退場させられることが増えると見ています。企業課題として生産性や人材育成ということはずっと言われてきたことですが、2021年以降その緊急度は今後より比べ物にならないほど高まると思われます。

 私にできることは本業とその傍ら、インプットした情報やツールを発信し繋いでいくことで豊かな生活を手に入れるための少しでもお力添えができればと思っています。「会社」は法人でありその名の通り法律で認められたバーチャルな人です。大切なのはそこに存在するリアルな人だと思っています。少なくとも今後お会いする目の前の人と少しでも一緒に豊かさを追求することができると嬉しいです。