仕事は何のためにするのか

サラリーマン向け

仕事のやりがいとお金について

皆さんは「仕事を何のためにしてますか?」と質問された時、どう回答するでしょうか。
仕事をする動機の一つに、生きるために必要なお金の獲得手段と言うことが当てはまります。お金のためであるという答えも納得できますし、否定することも当然出来ません。
会社に属する社員雇用や、いわゆるフリーランスや副業などどういう形態でも、仕事をすることでお金を貰うことが出来ます。そして仕事の内容は、きつい大変なものから、簡単なものまでいろいろです。

そして仕事に対するモチベーションですが、仕事をすることが楽しくてたまらない人もいますし、嫌々ながら長年やっているという人もいます。当然長く同じ仕事をすることで飽きるというこもあるでしょう。先に書いたように仕事はお金を獲得するための手段である以上、多くの人がしなければいけない活動です。せっかく仕事をするのであれば楽しい方が良いと考える人が多いのではないでしょうか。

仕事の内容が何であれ、やりがいを実感できる仕事なら、精神的な充足感を仕事から得ることができます。やりがいのある仕事につきたいと考えて、転職活動をしている人もいます。単なるお金獲得のためと割り切らず、仕事が楽しくなれば人生豊かに過ごすことが出来そうです。

では仕事のやりがいとは、どういったものでしょう。

基本的に会社は、従業員が豊かに生活ができるようにする責任があるのですが、仕事の内容は様々です。
景気が悪くなり、売り上げが落ちる会社が多くなると、社員の福利厚生などはないがしろにされてしまいがちです。仕事をする時には、やる気をどのようにかき立てていくかがとても大事なことになっています。いくら収入が上がる仕事でも、やっていて充足感がないと、継続が困難になります。

さほど仕事をしていなくても、出勤していればいいというころはもう終わっています。従って、お金以外の動機で、仕事を続けたいと思えるようになることが、成果を高めることができるポイントです。それは例えばその仕事を通じて成長できることや、お客様やメンバーからの感謝かもしれません。会社内には仲間もいますので、そういった人達と前向きに仕事について話をして取り組むということもやりがいが生まれてくるかもしれません。

一度仕事のモチベーションが上がらない時には、ちょっと手を止めて自分が仕事でどういう時楽しいのか箇条書きでも整理してみることをお勧めします。

仕事にやりがいがないと感じる時には

しかしくる日もくる日も同じような仕事ばかりを続けていると、仕事の面白みがなくなり漫然と働いているということもあります。原因が自分の中にあるケースもありますが、人間関係の軋轢がつらくなったり、無理強いをする上司が頭痛の種になったりもします。

たくさんの人が一カ所に集って、協力し合いながら仕事を進めている場合、人間関係でトラブルが起きることはよくある話です。もしも、会社での人づきあいが一見うまくいっているように見えても、やりがいのない仕事を続けるのは苦痛に感じがちです。

会社で割り当てられた仕事が、自分自身のスキルでは物足りなく感じていて、もっと大きな責任を負いたいと感じるような人もいます。単調な作業をひたすらしなくてはならない仕事であったり、ただ給料をもらうために行きたくない会社に、毎日仕方なく通っている人もいます。

思い通りにいっていないと感じているのは、会社での働き方だけでなく、現在に至るまでの自分の人生全てにあるという人もいるのではないでしょうか。

起業の学校 WILLFU 社会人講座

今の状況を打破したいのにうまくいかないと思っている場合は、仕事を変えることで自分をリセットするのもいい方法です。仕事を頑張るということは我慢することとは違います。自分がやりたいと思っていた仕事ができていないことが、やりがいのある仕事ができない理由かもしれません。転職してみて次の職場で活躍することが、会社側からも自分に取ってもWINWINの結果になる可能性の方が高いのです。

もしも転職を検討しているなら、この機会に、自分が本当はどんな仕事をしたいと考えているのか、とっくりと考えてみてください。自分の希望に合致した仕事ができるような企業への就職が決定すれば、自分の持つ能力を最大限に生かすことが可能です。仕事にやりがいが無いと感じる時には、転職して環境を新しいものに変えることもひとつの方法と言えます。

そういう的には人材紹介会社を利用してみるのも一つお勧めです。

仕事のやりがいを感じることができる転職

どういった条件で仕事を探して、転職活動をしているのかは、人によって違いがあります。
収入を得るために仕事をしなければなりませんが、お金のためだけに仕事をしている人は多くはないでしょう。どのような職業でも、仕事のやりがいを感じながら、働くことが大切になってきます。

やりがいを実感しつつ、仕事に打ち込めるような状態になることが、今後、転職活動をする上では、ポイントになってくると言うことができます。収入だけでなく、仕事のやりがいがあるかどうかをしっかりと検討して、自分に合った仕事を選ぶようにしましょう。

やりがいが感じにくい仕事をしていると、仕事をしながら毎日を暮らすことにむなしさを感じることが多くなることがあります。仕事以外で生きがいを見つけることができればそれでもいいのかもしれませんが、仕事は人生の半ば以上を費やす存在です。自分が興味を持って、楽しく働くことができる仕事に従事しているかどうかは、充実した生活を送るためには重視すべき点です。転職は自分を見つめ直す機会にもなるので、今までの人生を振り返りながら、自分に最適な職業を選ぶようにしましょう。

人によって、得意な仕事や、不得意な仕事がありますが、得意不得意で仕事を探すよりは、興味がある分野を選ぶほうが、よい結果が得られます。やりがいを持って働ける環境を作るようにすることが大切ではないでしょうか。近年では、転職を希望する人に対して、求人情報を提供したり、仕事選びのマッチングサポートをしてくれるような企業もありますので、転職活動を成功させるために利用してみるのもいい方法といえます。

タイトルとURLをコピーしました