You are currently viewing 初めてリーダーになる時に大切すること

初めてリーダーになる時に大切すること

新しい会社で仕事にも慣れてきた頃、このリーダーという立場に抜擢されることも出てきます。呼称はリーダーや主任やマネージャーなど各社あると思いますが、「具体的に何するんだ?」なんて言う疑問も出てくるのではないでしょうか。実際私もそうでした。漠然としててなんとなく部下や後輩が出来るから育てて管理していくことなんだと捉えてませんか?

今回はリーダーになったら大切なことを綴っていきたいと思います。

リーダーは部下育成も管理も不要

いきなりですがリーダーとは、「目標に対してメンバーをまとめて、達成に導く立場の人」です。これだけ言われても漠然としてますが、多くの会社の場合もこれくらいの漠然とした任命が多いのではないでしょうか。

ここで明確に理解しなければいけないのは、リーダーに人材育成や、部下や後輩を管理するといった概念は不要ということです。人は管理されたりすることは大半嫌います。なのできちんと理解しなければリーダーになっていきなりムリヤリに管理しないと!となり、反発に合って心折れることもしばしばあります。

私も経験があります。なんで分かってくれないんだ、言うこと聞かないんだ、と。。。辛いですね。

リーダーの正しい認識は「役割」であり決して偉いということではないこと。そしてその役割に期待される行動は、メンバーとコミュニケーションを取りながら目標達成に向けてリード(導く)ことです。これが非常に大切です。この考え方をまず明確に認識することができれば、変なプライドが邪魔することもなく、何より自分自身が勝手なプレッシャーで潰れることもありません。そしてリード(導く)ということは、あくまで主体性は相手です。リーダーに管理したり何を命令する権利はありません。

リーダーが取るべき最初の行動とは

ではリーダーの概念を理解し、過度なプレッシャーから開放された後に次に取る具体的な行動は、次の3つです。

  1. 与えられたチームの目標を主体的に捉えて計画を立てること
  2. メンバーとコミュニケーションを取り計画を実行すること
  3. 計画に対して確認と修正・改善を行うこと

です。この3つを意識的に行動へ落とし込んでいくことでリーダーとしての責務を果たすことが出来ます。

与えられたチームの目標を主体的に捉えて計画を立てること

まずは与えられた目標を自分ごととして捉えましょう。目標とは何かを達成することや、何かを改善することなど、与えられた任務です。この目標に対して、会社や上司が言ってるから〜という発言はやめましょう。その目標なぜ大事なのか理解して自分の言葉で話せるようにしましょう。

そしてもう一つ自分ごとに捉えるとは、計画を考え練ることです。それが正しいかどうかではなく、何をするのか計画を立てることです。これが出来ないまたはやっていないと何も考えていないという烙印を押されてしまいます。出来るだけ計画はいつまでに何をどのような手法でするのか、5W1Hを基に立てると良いですね。

つまりはリーダーは能力ではなく、きちんと自分で計画を立てることを行うという行動が必要になります。

メンバーとコミュニケーションを取り計画を実行すること

続いてメンバーコミュニケーションと計画の実行です。コミュニケーションとは、メンバーがどういう価値観か理解すること、そしてその価値観に合った役割を振り分けていくことです。逆に立場になった時に、自分を理解していない上司や先輩から命令だけされても良い気はしませんよね。そういうことです。

では価値観理解するとはなにか、会社に期待することや将来どうなりたいか、ワークライフバランスなど、メンバーが大切にしている価値基準を知ることです。その価値基準を満たすことができる役割を振り分けていくことになります。

例を考えてみましょう。

目標『現在よりミスを5%減らすこと』があったとします。

その時にリーダーが、「ミスを無くすために管理表を作りました。多少手間が掛かっても必ず二重チェックを漏れなく行いミスを減らしてください。」と落とし込みます。これが相手の価値観を理解せずに一方的に落とし込んでしまう例です。メンバーはめんどくさいというのが正直なところです。しかもリーダーは自分が管理表作ったのに誰もやってくれない、分かってくれないと潰れてしまう可能性もあります。

一方コミュニケーションを取っている場合は相手の価値観に寄り添い落とし込みます。残業はあまりしたくない、プライベートの時間を充実させたいという価値観があったとすると、「不要な残業を減らし、精神的にも安全に働ける職場にするために、管理表を徹底しましょう。」という落とし込みになります。そうするとその人のプライベートを充実させるという価値観に沿っているので、無理な命令ではなく自発的にメンバーが動くようになります。

そしてもう一つ補足すると、このようなリーダーには人がついてきます。なぜなら、自分が欲しいもの(価値観)を理解してくれていて、そしてそれを得るために自分を導いてくれる人となるからです。

まずは計画を立てて、それを実行するために価値観を理解して伝える。これが2ステップ目です。

計画に対して確認と修正・改善を行うこと

最後は、しっかりと定期的に計画に対しての進行確認と修正を行うことです。この時も常に②を大切にしてください。

計画通りでなかったとしても一方的になぜ出来ていないのかではなく、何が今起きていて何にメンバーが困っているのかを吸い上げるという気持ちで行ってください。

自分は出来るのに、なぜみんな出来ないんだ!当たり前です。出来るからリーダーなのです。この理不尽な怒りがこれまたリーダーが孤立して潰れてしまう原因の一つです。改めて言いますが、リーダーは育成や管理をすることではなく、全員が出来るようにリード(導く)ことなのです。

きちんと吸い上げたことに対して、リーダーの経験と判断で修正と実行を行っていきましょう。きっとこの意識を間違えなければ意見が活発に出る良いチームになっていきます。

まとめ

この記事が初めてリーダーになる人の少しでも不安や迷いを減らすことが出来れば嬉しく思います。

このリーダーとしての心構えと行動が出来るようになれば、次のステップでマネージメントへとなっていきます。しかしマネージメントも本質は対人です。どのようにして引っ張っていくか理解と実行が出来なければいけません。ぜひ皆さんの今後のキャリアアップに繋げてください。

コメントを残す