人事評価の改善のために必要なこと

人事担当者向け

はじめに

人事評価制度、皆様の会社では実施されてますでしょうか?そして、その評価制度をどれくらい理解し、どれくらい満足しているでしょうか?

私が仕事上、お話させて頂いた方で満足しているという方は1%以下です。ではなぜ満足できないのか、そのような状況からいかに改善するのか。

こちらを紐解いていきたいと思います。

なぜ評価制度に満足出来ないのか

まずそもそもですが、こちらから考えていきたいと思います。結論から申しますと、評価制度の質を向上させるためにまず変えて行かなければいけないことは、評価結果を報酬連動させることです。

なぜならせっかく目標に対して取り組み、最終評価が高かったとしても給与や賞与は毎回の査定結果とほとんど変わらなければこれは不満になってしまいます。評価制度の満足度を上げるために、頑張った人にしっかりと給与や賞与が振り分けられるということが、企業側、社員側それぞれの立場で考えても大事なことになります。

最終的に評価結果によって社長のペン舐め査定や調整を行わずに基本給や賞与額を決定するというルール設定が必要です。

そこで必ず出てくる意見は「評価が正しくないから報酬連動できない!」です。確かに、正しい評価結果でなければ報酬連動してしまうと大きな不満要素になりかねません。これは発想を転換していくことが必要です。

報酬連動しなければ改善はされない

卵が先か鶏が先かではないですが、適正な評価結果が出ないため報酬連動させないということはいつまでも改善がされません。まずは報酬連動させることが、改善へ向かうための第一歩です。

つまり、企業・経営者・人事担当者側の立場で見ると、報酬連動せずに最終査定は調整できるという逃げ場が、評価制度の改善にブレーキを掛けているのです。

社員へ説明会を行い、評価点・評価ランクを報酬連動させると発表した瞬間から逃げ場がなくなります。そうすると、目標設定は正しいのかどうか、評価者によるばらつきがどう出ているのか、そしてどう無くしていくのかということに、今まで以上に意識が向いていきます。

まずは正しい評価点に向かっていくために、報酬連動させるということを意図的に取り組んでみると良いと思います。一度二度と仮に査定結果に誤りが合ったとしても、投資と考えそのまま査定することを推奨します。基本給は原資コントロールも難しいため、まずは賞与からでも良いでしょう。

発想の転換で評価制度を改善に向かっていく体勢を整えましょう。

タイトルとURLをコピーしました